買いたい方こちら 売りたい方こちら

仲介手数料無料のおうち不動産株式会社。東京23区を中心に戸建て(新築,中古)・中古マンション・リノベーションマンションをご案内。安心取引のための税務・法務も充実サポート!

  • Twitter
  • facebook
03-6907-3633
受付時間 10:00~19:00
毎週水曜日 定休
メールでのお問い合わせ
24時間365日受付対応

台東区(23区)Taito-ku

近年人気上昇中の「三ノ輪駅」の住みやすさは?

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている、こちらの「タウン情報」。

 

今回は、これまで当タウン情報ではあまり登場していなかった、「台東区」にある「東京メトロ日比谷線」の「三ノ輪駅」が満を持しての初登板!

台東区の気になる物件はこちらから!!

実はこの「三ノ輪駅」、ややマイナーな存在ではありますが下町情緒溢れる街並みと、都心屈指の大通りである「明治通り」に接していることから、近年徐々に人気が出てきている「要注目」のエリア。


三ノ輪駅前の明治通り

 

しかも、これまた情緒溢れる「都電荒川線」の起点「三ノ輪橋駅」からも近いので、実質2路線が利用できるだけでなく「(荒川線は)時間に余裕があれば必ず座れる」というメリットも併せ持っています。

 

前置きはこれぐらいにして、今回もさっそく「駅と街の歴史」からスタートです!

 

  • 「三ノ輪駅」の駅・街の歴史

さて、今回は「三ノ輪駅」はもちろんのこと、実質「初登場」となる「東京メトロ日比谷線」についてもお話ししていきましょう。

 

地下鉄路線の歴史を語る上で、ほぼ毎回のように登場する重要なキーワード「都市交通審議会」ですが、今回の「日比谷線」においては1962年(昭和37年)に登場し、「東京2号線」として「中目黒方面より六本木、霞が関、築地、茅場町、上野、及び箕輪の各方面を経て北千住方面に至る」と定義されました。

 

この路線、計画自体の初出は1957年(昭和32年)と他の「現東京メトロ路線」よりも古く、長い歴史を持っている路線です。(「東京2号線」と番号も古い)


東京メトロ日比谷線三ノ輪駅3番出口

 

ただ、これは初めてのパターンかもしれませんが、その一部である「南千住-仲御徒町」間のデビューはなんと1961年(昭和36年)であり、「計画から大幅に遅れて着工・開業にこぎつける」イメージのある「現東京メトロ」路線にしては異例のスピード感で「第一世代」が開業して行ったわけです。

 

このカラクリは今後登場するであろう「日比谷線」の回にてお話しするとして、続いて、今回の主役である「三ノ輪駅」の歴史に移りましょう。

 

この「三ノ輪駅」がデビューしたのは、前述の通り1961年の「第一世代」としてですが、実はこの当時から「銀座線が浅草から三ノ輪まで延伸する」構想が立ち上がっていたそうで、この構想が儚く消えるまでの数年間は「かなり重要度の高い駅」という位置づけでありました。(消滅したのは1985年)

 

とは言っても、この「日比谷線」自体には「ある至上命題が存在し、その命題は死守しなければならない」という「縛りルール」があったため、前述の延伸計画もそれほど重要ではなかったのでは?という声すらあったそう。

 

これらの時期から、カンの良い方はすでに気がついているかもしれませんね。

その「ある至上命題」とは「東京オリンピックが開催される1964年(昭和39年)に日比谷線を全線開通させる」というものでした。

 

理由がこれであれば、異例のスピード感で工事が進んで行ったことも、本来であれば重要度が最優先となる「延伸構想」を反故にしたことも納得ですね?

 

同路線内でも最後に開業したのは「東銀座-霞が関」間であり、その開業日は「同年8月29日」だったのですから、いかに突貫工事だったかがわかりますね。(東京オリンピックは10月10日〜10月24日が開催期間)


根岸図書館と三ノ輪駅2番出口

 

このセクションの進行度合いも負けず劣らず急ピッチではありますが、続いては駅のある「台東区三ノ輪」についてのお話を。

 

実はこの「三ノ輪」という地名、元々は「下谷三ノ輪町」という名を持っており、現在も「台東区」の町名として名を残す「下谷」の一部でありました。

 

この「下谷」ですが、ごぞんじの方もいらっしゃるように、そもそも現在の「台東区」の約半分を占める広大な地域につけられた名称で、その歴史は「江戸時代」を凌駕するほど。(「台東区」自体、一説には「東京で最も古い市街地」のひとつと言われているほど!)

 

さらには「台東区」成立以前、「浅草区」とともに「下谷区」が「東京15区」として成立していたこともあるのだとか。(この2区が合併して「台東区」が成立しています)

 

では、どうして「下谷」がそれほど栄えたかというと、徳川家の重用により、後に権勢を誇った「寛永寺」の「門前仲町」であったため。

 

歴史、特に幕末〜明治成立期の歴史に詳しい人であれば「寛永寺」という名前にピンときた人も少なくないでしょうが、この「寛永寺」は現在「某大河ドラマ」の主役となった「とある武将」がその正体なのではないか?とも言われている「南光坊天海」によって開山されたそうで、歴代将軍の墓所があるほど「徳川家」と深い関係を持つ寺院でした。(建立された年は「寛永2年」とも言い伝えられており、元号ともシンクロしているほどです)

 

というわけで、急ピッチではありますが、そろそろ次のセクションへ向かいましょうか!

 

  • 「三ノ輪駅」周辺の商業施設

今回のエリアは、大規模な通りである「日光街道」と「明治通り」がちょうど交差するあたりとなっており、道幅が広いためどちらかといえば「ロードサイド店舗」としての性格が強く出ている商業施設ばかりとなっています。


明治通り

 

ただし、雑居ビルやそのテナントとなる店舗こそ多いものの、ひとつ一つの建物も大きいのでごみごみと密集した雰囲気にはならず、非常に整った印象を受ける人も少なくないでしょう。

 

しかし、一本路地に入ると、昔ながらの雰囲気を今に残す風景が広がっており、商店やスーパーも豊富でかなり買い物環境が充実しているエリアでもあります。(特に「三ノ輪橋駅」方面は下町情緒溢れる街並みを維持しています)

 

スーパーの中には、現代人にはありがたい「深夜営業・24時間営業」を実現しているお店もあるので、このエリアに住めば日々の買い物環境について心配する必要はないはずですよ?

 

  • 「三ノ輪駅」周辺の観光スポット

さて、今回の観光スポットは、初めての試みとなりますが「都電荒川線三ノ輪橋駅」をご紹介していきたいと思います。(観光スポットとして駅が登場したのは「東京駅」が初ですが、駅名が異なる駅を観光スポットして取り扱うのは正真正銘、初の試みです)

 

では、なぜ「三ノ輪橋駅」を観光スポットとしたのか?

その理由からお話ししてみましょうか。

 

実はこの「三ノ輪橋駅」、足を運んだことがある方ならお分かりの通り、その周辺も含めて「古き良き時代にタイムスリップ」したかのような「ノスタルジックな空間」となっているため。

 

「三ノ輪橋駅」の雰囲気あるアーチをくぐると、その先には運が良ければ停車中の「都電荒川線」の車両が見えるだけでなく、昭和時代の看板が貼られた「木造風」の駅舎が楽しめます。(昭和風テーマパーク、と言っても決して過言ではないでしょうね)


三ノ輪橋駅


三ノ輪橋駅


三ノ輪橋駅

もちろん、その近くには昔懐かしい「アーケード」を擁した「ジョイフル三ノ輪」という商店街が広がっていて、カメラ片手に訪れる方も少なくありません。(若干シャッターが閉まったままのお店が増えてきたのは、寂しいことではありますが)


ジョイフル三ノ輪

 

都電荒川線 三ノ輪橋駅(正確には三ノ輪橋停車場)

住所:荒川区南千住一丁目-12

 

  • 「三ノ輪駅」周辺の住宅情報・街の情報

さて、最後のセクションは、今回登場した「三ノ輪駅」周辺エリアの住宅事情・住みやすさ情報をお届けしましょう。

 

このエリア最大の特徴が「アクセス環境こそやや乏しいものの、卓越した買い物環境、文句の付け所がない治安の良さに加え、家賃・価格帯もリーズナブル」である点でしょう。

 

アクセス環境に関しては、住む区域によっては実質2路線が利用できる環境であるものの、ラッシュ時をはじめ隣の「南千住駅」ですでに混雑のピークとなり、電車に乗れないことすらあるほどですので注意が必要でしょう。

 

ただ、そのデメリットを補って余りあるメリットが、まさにこの「三ノ輪駅」周辺エリアの真骨頂であり、これまでのセクションで存分にその魅力は伝わっているはずです。

 

特に、周辺のエリアと比べても「リーズナブルな水準」を実現している「家賃・価格帯」のおかげで、街の持つ魅力は何倍にも感じられるでしょう。

 

これから「23区内に住みたい!」という風にお考えの方は、まずこちらの「三ノ輪駅」エリアから始めてみてはいかがでしょう?

 

 

多くの利点を備えた「穴場」である「三ノ輪駅」周辺エリア。

機会があればぜひとも住んでみてはいかがでしょうか?

 

台東区の気になる物件はこちらから!!

【周辺「住みやすさ」情報】

「新御徒町駅」は都心と下町の両方を味わえる魅力的な街♪

最高レベルのアクセス性と買い物環境を併せ持つ「御徒町」駅

上野駅は、少し離れると静かで自然も豊富の住みやすさ!?

電気街&ポップカルチャーの中心地、「秋葉原駅」の住みやすさは?

「静かに落ち着いて暮らせる」街 鶯谷駅

 

    • 三ノ輪駅周辺地図

・三ノ輪駅周辺の学区域情報

台東区の学区
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kyoiku/kuritsushocyugakko/tsuugakukuiki.html

(台東区役所ホームページより)

 

  • 三ノ輪で利用できる路線

東京メトロ日比谷線 「三ノ輪駅」

都電荒川線 「三ノ輪橋駅」

仲介⼿数料無料のおうち不動産株式会社

戸建て(新築戸建て・中古戸建て)でもマンション(中古マンション・リノベーションマンション)でも、お客様のご希望条件に合わせて多数ご紹介できます!東京23区を中心に首都圏で気になる物件が あればご相談下さい。

豊富な実務経験と実績を積んだスタッフが交渉を⾏い「仲介⼿数料無料」もしくは「半額」で対応します。

仲介⼿数料の無料査定はコチラから

  • 街の
    歴史
  • 観光
    スポット
  • 商業
    施設
  • 学校・
    学区情報

首都圏エリアでマイホームをお探しの方へ

様々な街の歴史や⽂化をご紹介!

住みたい街の意外な一面を知れるかも。

住みたい街のタウン情報

Town information

詳しくはこちら

気になる物件を4つのステップで査定(不動産購入)

おうち不動産の⼿数料無料査定はコチラ

(24時間365日受付対応)

無料査定はこちら