買いたい方こちら 売りたい方こちら

仲介手数料無料のおうち不動産株式会社。東京23区を中心に戸建て(新築,中古)・中古マンション・リノベーションマンションをご案内。安心取引のための税務・法務も充実サポート!

  • Twitter
  • facebook
03-6907-3633
受付時間 10:00~19:00
毎週水曜日 定休
メールでのお問い合わせ
24時間365日受付対応

豊島区 (23区)Toshima-ku

非常に利便性の高い池袋駅に近い「東池袋駅」の魅力とは!?

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている当「タウン情報」。

 

今回はこの「タウン情報」でも何度も取り扱ってきた「池袋」エリアから、東京メトロ有楽町線の「東池袋」が満を持して登場です。

 

これまで、何度か「駅名に○○が入る駅シリーズ」がありましたが、それでいえば今回は「駅名に池袋が入る駅シリーズ」となりますね。

(「池袋」自体何回も特集しているので、一体第何弾になるんでしょうか?)

 

このエリアのシンボル的存在でもある「サンシャインシティ」からも近く(直線距離で言えば「池袋駅」よりも近い)、本家「池袋駅」に勝るとも劣らない玄関口なんですよ?

 

では、さっそく駅と街の歴史から。


東池袋駅6番出口

 

  • 「東池袋駅」の駅・街の歴史

東京メトロの路線に関しては、これまでにも何度もその経緯が登場してきましたが、メインと言ってもいいほどの登場回数を持つ「副都心線」と、一部区間を「共用」しているのが、今回の駅がある「有楽町線」です。

 

この「有楽町線」、事業免許の取得自体は1962年(昭和37年)に行われていました(「向原-池袋」間を「第4号線(丸ノ内線)の一部」として申請したもの)が、この計画はそのまますんなりとは行かず、続く1968年(昭和43年)に「第8号線」として路線の変更の認可が下り、ようやく建設が始まった(1970年(昭和45年)に「池袋-銀座一丁目」)経緯を持っています。

 

しかし、このわずか2年後(1972年)には「都市交通審議会」により、第13号線が建設されることが決定されますが、この13号線こそ「副都心線」であり、これが「有楽町線」と「副都心線」の一部共有のきっかけとなった一件なのですよ。

 

さて、話は少しさかのぼって、ようやく1974年(昭和49年)に開業を迎えた「第8号線」=「有楽町線(池袋-銀座一丁目)」と同時に開業したのが今回の「東池袋駅」です。

 

この駅ですが、さまざまな路線の「ハブ駅」となっている「池袋駅」とは異なり、基本的には「有楽町線」のみの「単線駅」となっています。


東池袋駅改札

 

「いやいや、すぐ近くに『東池袋四丁目駅』があるじゃない!」

 

確かに、そのご意見はごもっともなお話なのですが、残念なことに「有楽町線」では「東池袋四丁目駅」との接続は「正式な鉄道路線接続」として扱っていないのです。(駅構内などでアナウンスによる案内等はない)

 

これは、何も意地悪をしているわけではないのですが、「都電荒川線」は基本的には「路面電車」として扱われる立場であり、明確に「鉄道」とは一線を画す必要があったため。


都電荒川線東池袋四丁目駅

 

しかし、この近辺に住む方にとってみれば、どちらも「ほぼ同じ駅」として利用されていますので、あまり心配する必要もなさそうですね。


東池袋四丁目駅のすぐ隣に位置する東池袋駅の5番出口

 

さて、続いては駅のある「東池袋」に関して、と言いたい所ですが、今回はあえて駅の反対側である「南池袋」をご紹介していきましょうか。

(理由は、駅のある敷地が、厳密には「南池袋二丁目」に属しているため)

 

実はこの「南池袋」、いろいろと町名が変わる「安定しない町」なんです。

 

どういうことかというと、現在の「東池袋」は元々「巣鴨村→西巣鴨町」に属しており、その後「池袋東・西巣鴨」という町名を経て現在に至ったのですが、こちらの「南池袋」はその全体が「雑司が谷(四丁目・六丁目)」に含まれており、一部は「東池袋」と同様に「池袋東二丁目」に属しますが、その後再度の変更により、現在の「南池袋」にようやく落ち着いたのですが、とにかく「ややこしい」ですよね?(筆者も書きながら少し混乱してしまいそうです)

 

理解するのに苦労する歴史(というよりも町名)の話はここまでにしておいて、次のセクションでは、このエリアの商業施設についてご紹介していきましょう!


東池袋駅周辺の街並み

 

  • 東池袋駅周辺の商業施設

商業施設に関してですが、今回の「東池袋駅」周辺エリアに関しては「東池袋・南池袋のちょうど境目に存在している」ため、多くのビルやタワーマンションが乱立する地域となっており、駅出口からは多くの店舗があるようには見えません。

 

しかし、実は駅出口周辺には、さまざまな店舗が数多くあり、前述の通り「サンシャインシティ」にもかなり近いので、買い物に関してはさほど心配する必要はありません。


サンシャインシティ①


サンシャインシティ②

 

駅から最も近いスーパーは、出口の前にそびえたつ「ライズシティ池袋」の地下にある「マルエツプチ東池袋駅前店」ですが、このビルの地下道はそのまま「サンシャインビル」につながっていますので、雨の日でも濡れずに買い物に行ける、かなり利便性の高いエリアになっています。


マルエツプチ東池袋駅前店


マルエツプチ東池袋駅前店の前の広場からサンシャインまで地下道でつながっています

 

  • 東池袋駅周辺の観光スポット

今回の観光スポットは、人気の高い「グルメ」かつ、「聖地」的なお店をご紹介しましょう。

 

そのお店の名前は「東池袋大勝軒本店」さん。

http://www.tai-sho-ken.com/top.html

 

おそらく店名だけで、ほとんどの方に「ああ、なるほど」と思っていただけたのではないでしょうか?


東池袋大勝軒本店①

 

知っている方も多いでしょうが、こちらのお店は皆さんも良くごぞんじの、「つけ麺(メニュー名としては「特製もりそば」)」を考案した「山岸一雄」さんのお店。(現在はその遺志を継いだ「飯野敏彦」さんが2代目店主として切り盛りされています)

 

特長は「こだわり抜かれた味とボリューム」。

こちらのお店と言えば、やはり「特製もりそば」になってしまうかもしれませんが、通常のメニューに使用するスープも、実においしく手が込んだものとなっています。(もりそば用のスープは、あっさり感を出すため、こちらにしょうゆと甘酢をさらに加えているそうです)

 

「並盛り」であるにもかかわらず、麺の量は約320gという大ボリュームですので、女性の方や小食の方は「小盛り(160g)」を頼むと良いかもしれません。


特製もりそば

 

通の方は、数多くいらっしゃる「山岸」さんのお弟子さんのお店でも「特製もりそば」の味を楽しんでいるかと思いますが、せっかく「東池袋」まで足を運んだならば、ここはやはり「本店」の味を確かめてみては?

 

全国的な知名度を誇る、元祖「つけ麺」のお店。

ぜひ一度、食べてみてくださいね?

 

東池袋 大勝軒 本店

171-0022 豊島区南池袋2-42-8

 

  • 周辺住宅情報・街の情報

さて、最後のセクションは、今回登場した「東池袋駅」周辺エリアの住宅事情・住みやすさ情報をお届けしましょう。

 

このエリア最大の特徴が「池袋の利便性をそのまま堪能できる距離でありながら、静かで落ち着いた住環境も兼ね備えている」という点です。

(この特徴は、近隣でも最大規模となる「雑司ケ谷霊園」の影響も大きいかもしれません)

 

もはやアクセス性や、買い物環境に関しては異を唱える人などいないであろうエリアですが、現在もタワーマンションの建設が続いており、さらに住みやすい環境が揃っていくのも間違いないでしょう。


東池袋のタワーマンション

 

しかし、そうなると心配になってくるのが「家賃や物件価格」の面かも知れませんが、数多くのこのエリアの物件を探してみると、意外にも思える価格や家賃設定がされているんです。

 

確かに「有楽町線」の隣駅となる「護国寺」エリアと比べると、若干高い水準ではありますが、当然「池袋」エリアから見れば大幅に下がります。

 

なぜそうなるのか?というと、同じ「池袋周辺エリア」の中でも、この地域が「住宅街として設定・想定」されており、そのテーマに沿って再開発やマンションの建設が、現在も進められているからです。


サンシャイン西友

 

実は、ここに限らず、数年前から「大都市圏のマンションは中古の方が価格が高くなる」という逆転現象が起きていることもあり、都心周辺の「新築マンション」を狙っている方は、要チェックのエリアとなっているのが「東池袋駅」エリアなんですね。

 

ただ、多くの方が「治安の面」を懸念されていることもありますので、どちらかといえば「単身者」、ないし「フルタイムで共働きのご夫婦」におすすめすべきエリアでしょう。

 

もうひとつ、押さえておくべき点は「エリア内の道路は非常に入り組んでいる」ので、車などの移動手段を利用される方は注意が必要です。


東急ハンズ池袋店

 

 

非常に利便性の高い「池袋駅」に近い「東池袋駅」周辺エリア。

機会があればぜひとも住んでみてはいかがでしょうか?

  • 【周辺「住みやすさ」情報】

レトロで落ち着いた雰囲気を持つ「東池袋四丁目駅」

住みたい街「池袋駅」は住みやすさが充実!

2019年度版【池袋エリア】タワーマンション事情

都電荒川線「学習院下駅」非常に閑静で治安の良い住宅街が魅力とは!?

山手線 大塚駅(そもそも大塚駅の周辺は「本当に大塚?」なのでしょうか!?)

 

  • 東池袋駅周辺地図

  • 東池袋駅周辺の学区域情報

http://www.city.toshima.lg.jp/353/kosodate/gakko/sho-chu/tennyugaku/003874.html

(豊島区役所ホームページ)

 

  • 東池袋駅で利用できる路線

東京メトロ有楽町線 「東池袋駅」

東京さくらトラム(都電荒川線) 「東池袋四丁目駅」

 

仲介⼿数料無料のおうち不動産株式会社(東京・池袋)

戸建て(新築戸建て・中古戸建て)でもマンション(中古マンション・リノベーションマンション)でも、お客様のご希望条件に合わせて多数ご紹介できます!東京23区を中心に首都圏で気になる物件が あればご相談下さい。

豊富な実務経験と実績を積んだスタッフが交渉を⾏い「仲介⼿数料無料」もしくは「半額」で対応します。

仲介⼿数料の無料査定はコチラから

 

  • 街の
    歴史
  • 観光
    スポット
  • 商業
    施設
  • 学校・
    学区情報

首都圏エリアでマイホームをお探しの方へ

様々な街の歴史や⽂化をご紹介!

住みたい街の意外な一面を知れるかも。

住みたい街のタウン情報

Town information

詳しくはこちら

気になる物件を4つのステップで査定(不動産購入)

おうち不動産の⼿数料無料査定はコチラ

(24時間365日受付対応)

無料査定はこちら