買いたい方こちら 売りたい方こちら

仲介手数料無料のおうち不動産株式会社。東京23区を中心に戸建て(新築,中古)・中古マンション・リノベーションマンションをご案内。安心取引のための税務・法務も充実サポート!

  • Twitter
  • facebook
03-6907-3633
受付時間 10:00~19:00
毎週水曜日 定休
メールでのお問い合わせ
24時間365日受付対応

豊島区 (23区)Toshima-ku

住みたい街「池袋駅」は住みやすさ充実!「池袋」駅!必見街情報とは!?

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている当「タウン情報」ですが、今回は当社(おうち不動産 東京・池袋)の地元である、JR山手線の「池袋駅」が満を持して登場です。

もはや多くの人にとって「出かける街」という印象が強い「池袋駅」周辺エリアですが、意外に物件も多く、ちょくちょく「掘り出し物」的な物件が排出される場所でもあるんです。(駅からの徒歩圏内にも住宅地があるほど)

 

今回は「絶対的な利便性」を持つ、唯一無二のエリアとしての「池袋」の魅力にぎりぎりまで肉薄してみたいと思います。


池袋駅東口


池袋駅メトロポリタン口

「仲介手数料無料」でお得に「不動産購入」するには??

 

  • 「池袋駅」の駅・街の歴史

「新宿」や「渋谷」をはじめ、その名前が全国区レベルで浸透している駅のひとつである「池袋」。

 

世代によってそれぞれが記憶する「舞台となったドラマ・作品名が違う」ほど、さまざまなジャンルのメディアに登場する街ですが、これほどまでに有名である反面、駅や街の歴史に関してはあまり知られていないのもまた事実です。

 

実際、この地に最初の駅ができた前後は「農村地帯」としての認識が強く、以前ご紹介している「赤羽」から「品川」までの区間が登場した際(1885年(明治18年))も「池袋には駅は作られなかった」のです。

 

そのため、現在の「池袋駅」の第一歩は「駅」ではなく「信号所」としてのデビューでした。(1902年(明治35年)に「池袋信号所」が開設)

 

しかし、ここから「池袋駅」の発展がはじまります。

 

早くも翌年の1903年(明治36年)には「信号所」から「駅」に昇格し、同時に「池袋-田端」間の「豊島線」が開通することになりました。

 

この頃までは、他のタウン情報でもおなじみの「日本鉄道」に属していた「池袋駅」も、1906年(明治39年)には同僚駅とともに国有化され、その3年後(1909年)には線路名称の制定により「山手線」の一員となります。

 

少しずつ、現在の「メガステーション」への発展を遂げていく「池袋駅」にとって、最初の乗り入れ線となったのが1914年(大正3年)の「東武線」だったのですが、これは「東武線」にとっても開通からわずか6年後のこと。


池袋駅の東武東上線

さらに翌年(1915年)には「西武鉄道(当時は武蔵野鉄道)」も乗り入れを開始し、順風満帆といった所でしたが、ここで「池袋駅発展の歴史 第一章」が閉幕します。

 

その理由は「日本の軍国主義が徐々に強まり安定化、太平洋戦争に向けて突き進んでいった」ため。

 

しかも、戦争末期の1945年(昭和20年)4月13日には、空襲に遭い当時の駅舎や留置していた車両約300台が全焼するという未曽有の被害を受けたのです。

 

唐突ですが、ここで一旦「駅の歴史」から離れ、駅のある「豊島区池袋地域」の街の歴史に話を移します。(第二章は後程)

 

現在は「豊島区」最大の中心地として認知されているこのエリアですが、本来の「池袋」であった「本村」から離れた場所にあることはあまり知られていません。(現在の「北池袋駅」がある地域が本来の場所であり「池袋本町」という町名が付いている)


北池袋駅

しかしその成立は意外に古く、文献上では戦国時代すでに「池袋」という地名が確立していた証拠が残っています。

 

その後、歴史の授業でおなじみの「廃藩置県」を経て「東京府」の一員となった「池袋」は、タウン情報でおなじみの「巣鴨村」に属することとなりますが、この名残は意外な所で歴史に名を刻んでいます。

 

実は現在の「サンシャインシティ」は、戦後「戦争犯罪人」を収容していた拘置所の跡地(現在は東池袋3丁目)に建てられているのですが、この名称が何を隠そう「巣鴨プリズン」なのです。


サンシャインシティ

さすがに超有名エリアである「池袋」だけあって、その歴史もかなりのボリュームですね。

他にも「池袋」エリアには多くの駅が存在していますので、この続きはまたの機会にしましょう。

 

  • 池袋駅周辺の商業施設

さて、普段は駅周辺の商業施設をご紹介しているこのセクションですが、今回の「池袋」においてはご紹介しているだけで紙面がいくらあっても足りません。

 

その代わりに、このエリアを代表する存在の「東武百貨店 池袋店」と「西武池袋本店」にまつわるちょっとした豆知識をご案内しましょう。


西武百貨店池袋店


東武百貨店池袋本店

はじめて来た人や観光客にとっては、ややこしくて謎な部分が「西口に「東武」、東口に「西武」」という「あべこべの配置」ですよね。

 

でも、実は勘違いしているのは私たちの方なのです。

 

どちらも「親会社が鉄道会社のデパート」という共通点があるこの2店ですが、どちらも運営している鉄道会社・路線においての「東・西」が社名についているのですが、「池袋においての東・西ではない」点に気が付けば、自然とこの謎は解けます。

 

どちらもその成立や、取得した用地の関係上、「たまたま『あべこべ』になっただけ」なんですよ。


西武がある池袋東口


東武がある池袋西口

しかし、その品ぞろえや売り場面積の広さは皆さんもきっと知っているはず。

極上の買い物が楽しめるエリアだということには変わりありませんよね?

 

また、先述した「サンシャインシティ」も昔からの池袋のお買い物スポットですね。

サンシャイン水族館も2011年にリニューアルされ、人気のお出かけスポットとなっています。


サンシャイン60入口


サンシャインシティの地下ではお買い物が楽しめます


サンシャインシティアルパ2階には「ポケモンセンターメガトウキョー」があり、外国人にも人気のスポットです


「ポケモンセンターメガトウキョー」②


サンシャインシティアルパB1F 噴水広場には舞台が設置されていてアイドルなどのイベントなどが開催されます。

 

  • 池袋駅周辺の観光スポット

商業施設のセクション同様に、この観光スポットも決まらないのでは?

と思った方も多いでしょうが、今回は「駅西口」から歩いてすぐの所にある「元池袋史跡公園」をご紹介していきましょう。

 

地図やマップアプリで見てみると、どうしてこんな場所を?と感じる方も多いと思いますが、実はこの公園「池袋の名前の由来になった『袋池』の跡地」なのです。(諸説あるうちのひとつです)

 

この「袋池」は「丸池」というかなりありふれた別名を持っていますが、開発が進む中で埋め立てられてしまったのだとか。

 

しかし、「池袋の名前の由来」という重要な役割を持っていた池が、忘れ去られてしまうには忍びないと、1998年(平成10年)に「史跡公園」として開園した「由緒のある」場所なんですよ。

 

元池袋史跡公園

東京都北豊島区西池袋1-9-12

 

  • 駅の歴史第二章 ~戦後の「池袋駅」~

初の試みとなりますが、ここからは先ほどお約束した「駅の歴史第二章」をお送りしましょう。

 

空襲により焼失の憂き目に遭った「池袋駅」でしたが、9年後の1954年(昭和29年)ともなると復興も進み、1月には新たな乗り入れ線として「営団地下鉄丸ノ内線」も参入し、都心に欠かせない「ターミナル駅」としての発展を再開します。

 

その後、1985年(昭和60年)には「埼京線」、2001年(平成13年)には「湘南新宿ライン」などの現JR路線、1974年(昭和49年)には「有楽町線」、2008年(平成20年)には「副都心線」といった現「東京メトロ」路線が追加され、8路線が停車する現在の形に。


池袋の線路

現在、年間における駅の利用者数は「約10億人」という驚きの数字をマークするようになった「池袋駅」。

これからも、日本を代表するレベルの駅で居続けることでしょうね。

 

  • 池袋駅周辺の住宅情報・街の情報・住みやすさ

地方出身・在住の方でも、駅・地域名を即答できるほど、超有名な街となった「池袋駅」周辺エリアですが、実際に住むとなるとどのような場所なのでしょうか?

 

このエリアの特徴を一言でいうと「間違いなく最高峰の交通アクセスと買い物環境でありながら、バランスの良い住環境・物件価格となっている」点です。

 

しかし、特徴の前半部分「最高峰のアクセスと買い物環境」は、もはや特筆する必要はありません。(ごぞんじの方も多いはずですし)


東池袋(サンシャインの裏手)には首都高速の出入り口もあるので、アクセスは抜群ですね

 

23区内での住まい探しを考えている方にとって、覚えておいていただきたいのは「駅前から5分歩くだけで住宅地に到達できる」ことと「環境を考慮した場合、むしろお得な家賃・物件価格に設定されている」ことです。

 

実はこういった「穴場としての池袋の魅力」を知らずに「高そうだなあ」「騒がしそうだなあ」といった先入観から、住まいの選択肢から外す人が多いんですよ。

 

特に「西池袋一~三丁目」のエリアは、「池袋」の中でも貴重な「落ち着いた雰囲気」を持つエリアであり、駅前近辺の喧騒が嘘のように静かです。

(さらに足を伸ばした「目白」方面も治安が良く静かな住宅街です)

池袋の住宅街

こんな意外性のある地域だと知らずに、不動産店からおすすめされたことで驚く方も多いからこそ、地元である当店にご相談いただく方が増えることを、私たちも願っています。

 

 

全国区レベルの大都会である表の顔と、実は住みやすさが充実した「穴場住宅街」である裏の顔を併せ持った「池袋駅」周辺エリア。

機会があればぜひとも住んでみてはいかがでしょうか?

池袋エリアで、気になる物件が あれば(仲介手数料無料のおうち不動産 東京・池袋)に、お気軽にご相談下さい。

 

  • 池袋駅周辺地図

  • 池袋駅周辺の学区域情報

http://www.city.toshima.lg.jp/353/kosodate/gakko/sho-chu/tennyugaku/003874.html

(豊島区役所ホームページ)

 

  • 池袋で利用できる路線

JR山手線 「池袋駅」
JR埼京線 「池袋駅」
JR湘南新宿ライン 「池袋駅」
そのほか成田エクスプレス・スーパービュー踊り子・特急スペーシアの乗り入れあり

東武東上線 「池袋駅」

西武池袋線 「池袋駅」

東京メトロ丸の内線 「池袋駅」
東京メトロ有楽町線 「池袋駅」
東京メトロ副都心線 「池袋駅」

 

仲介⼿数料無料のおうち不動産株式会社(東京・池袋)

戸建て(新築戸建て・中古戸建て)でもマンション(中古マンション・リノベーションマンション)でも、お客様のご希望条件に合わせて多数ご紹介できます!東京23区を中心に首都圏で気になる物件が あればご相談下さい。

豊富な実務経験と実績を積んだスタッフが交渉を⾏い「仲介⼿数料無料」もしくは「半額」で対応します。

仲介⼿数料の無料査定はコチラから

  • 街の
    歴史
  • 観光
    スポット
  • 商業
    施設
  • 学校・
    学区情報

首都圏エリアでマイホームをお探しの方へ

様々な街の歴史や⽂化をご紹介!

住みたい街の意外な一面を知れるかも。

住みたい街のタウン情報

Town information

詳しくはこちら

気になる物件を4つのステップで査定(不動産購入)

おうち不動産の⼿数料無料査定はコチラ

(24時間365日受付対応)

無料査定はこちら