買いたい方こちら 売りたい方こちら

仲介手数料無料のおうち不動産株式会社。東京23区を中心に戸建て(新築,中古)・中古マンション・リノベーションマンションをご案内。安心取引のための税務・法務も充実サポート!

  • Twitter
  • facebook
03-6907-3633
受付時間 10:00~19:00
毎週水曜日 定休
メールでのお問い合わせ
24時間365日受付対応

文京区(23区)Bunkyo-ku

ファミリーにぴったりな「白山駅」の魅力

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている、こちらの「タウン情報」。

 

今回は、当タウン情報では二回目の登場となる「都営三田線」の「白山駅」をお送りします!

 

その名が「文(ふみ)の京(みやこ)」とも読める「文京区」には「学校施設が多く存在する」という「その名の通り」な特徴がありますが、今回のこのエリアも「東洋大学」をはじめとする、さまざまな「学校施設」の最寄り駅であり、ほぼ「学生街」としての位置づけがされているエリアとなります。

 

では、まだまだ当タウン情報にとっては新参者である「都営三田線」のために、今回も「駅と路線の歴史」から行ってみましょう。


白山駅エレベーター出口

 

  • 「白山駅」の駅・路線の歴史

では、さらに「都営三田線」について詳しくなっていただくためにも、「路線の歴史」のおさらいから始めましょうか。

 

この「都営三田線」は、当初の計画では「都営6号線」として進められ、その名のまま1968年(昭和43年)に開業したのですが、計画以前に旧「営団」が保有していた「巣鴨-大手町」間の「鉄道敷設免許」を、路線の母体となる「東京都」が譲り受けた(1964年(昭和39年))ことが「ルーツ」となっています。

 

これとほぼ時を同じくして、「東京都」は「泉岳寺-大手町」と「巣鴨-志村(現在の「高島平」です)」の「鉄道敷設免許」を申請しており、この時点で現在の路線の大部分が揃ったこととなりました。

 

しかし、この出来事はいわば「出来レース」のようなものであり、当時は旧「営団」による路線運営が見込まれていたものの、「都電(当時の水道橋線・白山線・巣鴨線・板橋線など)の路線とほぼ同じルート」であったために「東京都による運営が望ましい」との見解を押し通した形であったのだそう。

 

そんな「都営6号線」ですが、この「6」という数字にも何かと因縁があるようで、実は路線の建設が決定されたのは19「6」2年(昭和37年)の「6」月8日であったり、開業当初の同路線を走っていた列車が「6000形」であったり、1972年(昭和47年)「6」月30日からは「日比谷-巣鴨」間の開業に合わせ「6両編成」を導入していたりするなどの「6」づくし状態なのです。


白山駅A3出口

 

次に、今回の主役である「白山駅」に注目してみると、そのスタートは前述の1972年「6」月30日なのですが、それ以前の計画段階でも「都電白山線」という名称が見える通り、かつては「路面電車が走る区間」でありました。

 

実はこの路線、なんと1909年(明治42年)に今はなき「東京鉄道」によって開業している「鉄道の大先輩」。(「東京鉄道」→「東京市電」→「都電」)

 

さらに地名の「白山」にいたっては、営業当時「白山一丁目」「白山上」「白山下」と3駅(路面電車ですので正確には「停留場」)にもその名前を使用されていたほどの「駅名としても由緒正しい」地名なのです。

 

ということは。

この「都営三田線・白山駅」は「100年以上続く「白山」地域の鉄道・駅の正統後継者」とみなすことができるのではないでしょうか?

 

デビューこそ遅いものの、このような「路線のたどった歴史」を知っていれば、乗車の際にも「かなりの感動」があるかもしれませんよ?

 

というわけで、続いてはこちらも紆余曲折ありそうな、駅のある「白山」の歴史に行ってみましょう!


白山駅A1出口

 

  • 「白山駅」の街の歴史

前セクションのお話から、誰しもが長い歴史があるのだろうな、と思っている「白山」ですが、実は正式な「町名」となったのは、おなじみ1967年(昭和42年)の「住居表示」によるものと、比較的新しめ。(それ以前にも「白山前町」や「白山御殿町」など「部分的」に使用されてはいたのだそう)

 

しかし、地名としてはそれよりもはるか前から「白山」と呼ばれていたそうで、その由来は駅から目と鼻の先にある「白山神社」に他なりません。

 

その「白山神社」の縁起によると、その創建はなんと948年(天暦2年)というのだからビックリしますよね?


白山神社①

 

ただし、この神社はこれまでに二回移転しており、創建時には現在の「本郷一丁目」にあり、そこから徳川二代将軍「徳川秀忠」公の命により「巣鴨原(現在の白山三丁目にある「小石川植物園」辺り)」へ、その後五代将軍「徳川綱吉」の屋敷を建てるために現代地へと移転したそうですから、現在「白山」となっている地域にとっては、400年以上もこの地に存在する、まさに「守護神」というようなありがたい存在なのですね。


白山神社②

 

こちらのタウン情報ではしばしばある事態ですが、今回は「駅名・地名の由来だけで歴史のセクションが埋め尽くされる」状況は何とか回避しましたね。

 

では、次のセクションへまいりましょう!

 

  • 白山駅周辺の商業施設

駅自体からは少し離れているものの、都心でも有数の大道路である「白山通り」に加え、国道17号線への間をつなげる「旧白山通り」や「京華通り」を有するこのエリアは、そういった事情もあってか大規模な商業施設は少なく、小さな商店や飲食店、スーパーが多く存在し、加えて昔ながらの「商店街」が軒を連ねています。


白山通り


旧白山通り

 

この辺りの様子から見ても、冒頭でご案内した「学生街」という点が感じられますが、その真骨頂ともいえるのが先ほど話に出た駅出口周辺の「飲食店」でしょう。

 

そのほとんどが軒並み「気軽に行ける価格帯」「敷居が低くなじみやすい」という特徴を備えていることからも、このエリアの雰囲気が見えてきますよね?

 

もちろん、スーパーなど「自炊派」の方にとっても便利なお店もそろっていますから、落ち着いた暮らしを求める方にとっても「穴場」といえますよ。


京華通り

 

  • 白山駅周辺の観光スポット

さて、今回の観光スポットは、当タウン情報にてまれに登場する「極小観光スポット」のご案内です。

 

時はさかのぼって江戸時代、まさに「悲恋」といえるその逸話から、数多くの講談や芝居・作品に登場するも、その実在性すら確かではない有名人「八百屋お七の墓所」が今回のスポットです。

 

その逸話に関しては、異説も数多いため、ここではあえてご紹介・限定しませんが、文献上や歴史的な定説においては「七という人物が江戸の街に放火し、その罪によって処刑された」ことは間違いないであろう、とされています。

 

「墓所」といっても現代的なビルや建物が多いこの地に、本当にあるのだろうか?と感じるかもしれませんが、こう見えてこの場所は「圓乘寺」というれっきとしたお寺の一部であり、常に新鮮な花などが手向けられていることからも分かるように、現在でも多くの人々が訪れています。


圓乘寺

 

前述の異説の中には「お七は江戸時代において、はじめて火刑を受けた女性」との話もあるのですが、実は「七」自体が「女性」であるという明確な証拠はありません。(もちろん「八百屋の娘」であったことも立証しようがないのだそう)

 

ですが、これらの「お七」の逸話の大本になった(とされている)井原西鶴の「好色五人女」は火刑からわずか三年後に発表されていることも「女性であった」という説の裏付けになっているようです。(仮にそのモデルが男性であるとすれば、わざわざ女性化させた物語が処刑から三年後に人々に浸透するとは考えにくいため)

 


八百屋お七の墓所

113-0001 文京区白山1-34-6

 

  • 白山駅周辺の住宅情報・街の情報

さて、最後のセクションは、今回登場した「白山駅」周辺エリアの住宅事情・住みやすさ情報をお届けしましょう。

 

このエリア最大の特徴が「知名度こそ高くないが、アクセス性に優れつつも「文教地区」特有の穏やかな環境を併せ持つ好立地」という点です。

 

まずはその優れた「アクセス性」からご紹介していくと、鉄道においては「東京・新宿・渋谷・池袋・上野」といった名だたるエリアへおおむね「15~30分」で行けるという環境は魅力以外の何物でもないでしょう。

 

さらに、アクセス面とは相反しがちな点である「治安の良さ」を兼ね備えているのも大きなポイントですね。

 

この「文京区」全体で見ても、都心では随一となる「治安の良いエリア」として知られていることもあり、なかばそれを「ウリ」にしている部分でもありますので、地元としては外せないポイントでしょう。


白山駅周辺

 

そして、前述した、数多くの飲食店を含む「商店街」の存在も、このエリアの「住みやすい環境」の一部を担っています。

 

通常「学生街」といえば、暗に「一人暮らし向け」のエリアと位置づけされやすいのですが、意外にもこのエリアの場合「ファミリー」に向いている特性が多いため、「都心で家族そろって腰を落ち着けたい」方にもかなりオススメ。

 

ただし、家賃相場や価格帯的には「周辺エリアに準ずる」状況となっていますので、取り立てて「リーズナブルな物件購入が期待できる」わけではありません。

 

とはいっても、周辺の他エリアに比べ「静かで治安も良く落ち着いた環境」であることから考えれば「かなりお得なエリア」であることは間違いないでしょうね。


京華学園

 

都内でも少なくなりつつある、昔ながらの落ち着いた環境を持つ「白山駅」周辺エリア。機会があればぜひとも住んでみてはいかがでしょうか?

 

【周辺「住みやすさ」情報】

「東大前駅」の街は静かで落ち着いた生活が送れます

住んでみたいランキング上位の「本郷三丁目」駅!?

「湯島駅」は「上野駅」へも徒歩で行けて便利な街

質の高い教育環境で人気の街「護国寺」駅!特徴を色濃く残す「文教地区」!

治安の良さとハイソな雰囲気の高級住宅街「茗荷谷駅」の魅力とは!?

白山駅周辺地図

  • 白山駅周辺の学区域情報

小学校
https://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/elementaryschool/tuugaku.html

中学校
https://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/juniorhighschool/tuugaku.html

(文京区役所ホームページより)

 

  • 白山で利用できる路線

都営三田線「白山駅」

 

仲介⼿数料無料のおうち不動産株式会社(東京・池袋)

戸建て(新築戸建て・中古戸建て)でもマンション(中古マンション・リノベーションマンション)でも、お客様のご希望条件に合わせて多数ご紹介できます!東京23区を中心に首都圏で気になる物件が あればご相談下さい。

豊富な実務経験と実績を積んだスタッフが交渉を⾏い「仲介⼿数料無料」もしくは「半額」で対応します。

仲介⼿数料の無料査定はコチラから

  • 街の
    歴史
  • 観光
    スポット
  • 商業
    施設
  • 学校・
    学区情報

首都圏エリアでマイホームをお探しの方へ

様々な街の歴史や⽂化をご紹介!

住みたい街の意外な一面を知れるかも。

住みたい街のタウン情報

Town information

詳しくはこちら

気になる物件を4つのステップで査定(不動産購入)

おうち不動産の⼿数料無料査定はコチラ

(24時間365日受付対応)

無料査定はこちら